フィリピンを代表するジープニーに乗ろう!

日本にも、新幹線や人力車など外国にない乗り物がありますね。フィリピンにも他国にない独特の乗り物があります。せっかく観光旅行でフィリピンに行ったら、タクシーやバスだけでなくフィリピン独自の乗り物に挑戦してみませんか。 ボディに派手の装飾を施したジープニーは、フィリピンに行けばどこの町でも道路を占拠しているので、一度でもフィリピンに行った人はご存知でしょう。ジープニーは個人経営がほとんどで、オーナーからジープニーを借りて歩合制でやっている物は、ガソリン代は自分持ちです。あの荒っぽい運転は生活がかかっているからでしょうが、神業のような運転で、乱暴なわりには事故の確率は低いようです。 安い料金で手軽に乗れるので庶民の足となっているジープニーに挑戦してみましょう。

トライシクルやパジャックにも乗ろう!

125ccくらいのオートバイにサイドカーをつけたトライシクルも、数キロメートルを移動するのに利用されています。原則的に相乗りですが、チャーターすることもできます。定員はサイドカーに3人、ドライバーの後部座席に2人の5人ですが、1台に10人以上を乗せてバリバリとうるさい音をたてて走っているのをよく見かけます。 自転車にサイドカーをつけたのがパジャックです。町なかで500mくらいの移動距離の際に利用しますが、100mくらいの距離でも利用している人もいます。炎天下を歩くのは大変ですので、パジャックを利用するのです。 ジープニー・トライシクル・パジャックに乗る際には、手を挙げて合図をすると停車してくれます。降りる際には「パラー(停車して)」と言えば、どこでも降ろしてくれます。距離にもよりますが、料金は10~50ペソくらいです。